2011年05月31日

ホンノチカラダナ 開催!

ホンノチカラダナ」開催!
tikaradana.gif

読み終わった本を被災地支援にーーーー
〜古本をお買い上げ頂くと、売上げの半分が義援金になります〜

今回、東向島珈琲店さんのご協力を頂き、ホンノチカラバコ拡大版「ホンノチカラダナ」として、活動の紹介展示させて頂く運びとなりました。
継続可能な支援を、形にするために。ホンノ少しの、ホンノチカラ、応援よろしくお願いいたします!

2011年 6/3(金)〜6/28(火)
8:30〜20:00 水曜休
会場:東向島珈琲店
   墨田区東向島1-34-7
   TEL:03-3612-4178

※会場はカフェのため、入場の際はワンオーダーお願いいたします。
※営業日、時間は会場の都合により変更となる場合がございます。
※会場貸切時、ご覧頂けない場合がございます。
posted by amanatsu at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 出張ふるほん日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

週末の本/地域イベント

ギリギリになりましたが、今週末のブックイベント&向島界隈地域イベントのお知らせです。

本日5/28午後7時半〜9時半(午後7時開場)
「オカトーーーク! ブックオフ芸人」


☆深川界隈の方はぜひ、ご観覧を!
☆USTREAM生放送も!→ピーマンTV /http://p-man.tv


古本ライターの岡崎武志さん司会による、新しいスタイルのブック・バラエティートークショー。

ふるほん日和代表は「ブックオフ芸人」だった!?

企画は、ふるほん日和に度々店主としてご参加いただいている、東京セドリーヌさんことリコシェさんこと、はねとび舎さん。
女子芸人には、駄々猫舎さんが〜!

以下、深川いっぷくさんブログより転載。 http://ippuku3.exblog.jp/

●USTREAMピーマンTVで、新しいスタイルのブック・バラエティートークショーがスタートします。本好きが集まってワイワイガヤガヤ。思わぬ実用情報も飛び出します。
●出演者
司会=岡崎武志さん・Rengeさん
ふぉっくす舎さん、退屈男さん、しまぶっくさん、駄々猫舎さん、くちびるごうさ
ん、書肆紅屋さん、放浪書房さん
●5月28日(土曜日) 午後7時半〜9時半(午後7時開場)
●USTREAM生放送:ピーマンTV:/http://p-man.tv

●場所:清澄白河「深川資料館通り商店街事務所2階」
大江戸線「清澄白河駅」A3出口から9分。半蔵門線B2出口から5分。「深川江戸資料
館」「しまぶっく」「深川いっぷく」がある深川資料館通り商店街
コンビニ「デイリーヤマザキ」向かい側です。
●当日、32人までご観覧いただけます。木戸銭1000円。
ご予約は、深川いっぷくまで
ホームページのお問い合わせよりお送り下さい→

●内容
ブックオフとは何か/ブックオフあるある/これは自慢、ブックオフで釣り上げた一冊/衝撃の店員エピソード。こんなことされて感動した などなど、盛り沢山!!


そして明日は、墨田聖書教会にて、向島界隈がロケ地の映画上映があります。

5月29日(日)17:30〜(開場17時)
チャリティ上映会『墨田区京島 3丁目』


場所:墨田聖書教会
主催:橘館コミュニティシネマ
入場料:500円
懇親会:300円(手作りケーキと珈琲付き)
※要予約
詳細は
http://tachibanakan.blog13.fc2.com:80/

懇親会には監督、クルー皆さんいらっしゃるそうです。
4月にドイツで上映されたときの様子も伺えるとか。

会場の墨田聖書教会さんは、シフォンケーキのようなかわいい外観の教会。

被災地に絵本、大人用本、自転車を送る支援活動をされていて、
ふるほん日和「ホンノチカラバコ」を通じて、
被災地に本を送っていただいております。
http://furuhonbiyori.seesaa.net/article/199300583.html

☆今回、絵本の寄贈や募金を会場で受けつけておられるそうです。

ぜひ、お運びください。


posted by amanatsu at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ホンノチカラバコ やってます

第三回ふるほん日和で同時開催させていただいた、
ご寄付いただいた本を被災地支援に役立てる企画「ホンノチカラ」。
おかげさまで、たくさんの素敵な本が集まりました。

tikarabakologo.gif

ご寄付により頂いた本を販売し、義援金にする。この活動を
持続可能な形式で、できないか?ということで
「ホンノチカラバコ」をはじめました!

ふるほん日和会場周辺のお店及び、古本イベント仲間でもある都内の古書店のご厚意により、ミカン箱サイズの本箱を店内に設置。
売上げの半分を義援金に、残りを必要経費に充当させていただきます。
ご協力いただいている店舗に似合う本をスタッフがチョイスしています。
カフェ店舗では立ち読み、座り読み大歓迎。プチブックカフェ用の本としてもご利用いただけます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
現在のご協力店舗(順不同・敬称略)
紙工房 堂地堂(曳舟・向島)
ふるほん日和開催地・「鳩の街通り商店街」の紙工房。好きな紙を選んでオリジナルノートが作れる「紙のバイキング」が大人気!
スカイツリーの豆ノートなど、オリジナルの楽しいノートが沢山。まちあるきやアート系の本を中心に置いていただいております。

cafe POKAPOKA (八広)
ディープ下町・八広に出来たオシャレなエスニック。ご近所のお子様連れの若い奥様達の憩いの場。絵本や、旅の本を中心に置かせていただいております。

coneru(押上)
押上の、一軒家をリノベーションした、手作り雑貨やさん。
イラストレーターで粘土作家の店主さんこだわりの、カワイイ雑貨ばかりです。
イラスト、絵本、手作り関係の本を中心に置かせていただいております。

Smile Kitchen(押上)
毎日食べに行きたい、店主さんのあったかな人柄がじんわり伝わってくる、カフェ&お食事処。お料理本や、女性向け、癒し系の本を中心に置かせていただいております。

古本石英書房(田端)
文豪達ゆかりの地、田端に落ち着いた佇まいを見せる、石と古本のお店。
文芸、東京/江戸、食、美術、児童書等が充実。紙もの、布ものの雑貨も。
日本の絵本、演芸、文芸の本、雰囲気のある装丁の古書を中心に置かせていただいております。

ゆず虎嘯 (国立)
国立にて、金土日・夜営業の、月夜のふるほん屋さん。
女性店主二人のセンスを反映した書棚に、にっこりしたり、ニヤリとさせられたり。
絵本、お洒落本、女性向け、旅本を中心に置かせていただいております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


読み終わった本や、お気に入りの本を、次の人へ。
そしてそれが、ほんの少し、誰かの助けになりますように。

「ホンノチカラバコ」応援よろしくお願いいたします!
posted by amanatsu at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンノチカラバコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。