2011年04月23日

大変お待たせしました。ホンノチカラ売上報告

チャリティーブックストア
「ホンノチカラ」
への沢山の方のご協力、ご来店誠にありがとうございました!

被災地の為に今、そして近い将来出来ることを
本棚で眠っている今は読まなくなった「ほんの一冊の本」からはじめよう!というテーマの元にオープンした「ホンノチカラ」では



1.家の中にある読み終わった本、読まなくなった本を寄付してもらい販売。売上は全額、日本赤十字社を通じて、被災地に寄付。


2.家の本棚に眠っている絵本や児童書を寄付して頂き、被災地が復興へ向けて動き出した時.皆さんからの応援メッセージと一緒に、被災地域の子供達の元に届ける。


という2つの柱を軸に、ふるほん日和関係者だけでなく、墨田区向島界隈はもとより、都内近県、遠くは北海道、九州等、全国の古書店さん、そして、一般の皆さんから本を提供頂き、本が一冊もない所から、一軒の本屋をオープンさせる事が出来ました。

当初4月1日〜4月3日迄の開催が、鳩の街通り商店街振興組合様のご好意で12日迄延長となり、沢山の方が本を通じた被災地支援の輪に加わって下さいました。

本当にありがとうございました!

さて、今回のホンノチカラのご報告です!

○義援金寄付総額
¥120,290

この中には、ふるほん日和出店者さんや協賛、協力店からの寄付もあり、ホンノチカラ単体では65000円程度でした。

皆さんからご提供頂いた本を3日間の短期販売で出来るだけ多く販売し、売上を義援金として寄付する為、かなり安い金額(大半が50円)で販売した結果、蓋を開けてみると、1000冊以上売上ても金額はそれほどいかないという結果に、、、


これは、もう間違いなく僕らの経営判断が甘かったに他ありません。

初めは仲間内で読み終わった本を持ち寄り、微々たる金額でも被災地に義援金を送れたらという思いでしたが、新聞各紙にも取り上げられ、思いがけず、多数の本が集まり、売れ残った際の本の保管場所の問題も大きく、営利目的でないまでも、良書の価値を下げてしまうような価格で販売してしまいました。

これにより、当日、ふるほん日和に参加して下さった出店者様にもご迷惑をおかけしてしまった事、大変申し訳なく思っております。

これは今後の大きな課題です。


今、自分達に出来る事を無理のない範囲で、
先ずは恐れず実行する。

問題、課題を踏まえてより良い形に直していく。

そして、続けていく事。

ホンノチカラ

まだまだ始まったばかりです。

■■■■■■■■■
★ふるほん日和マップ協賛店舗で、各方面からバックアップして下さった
前田商店
のマスク・ド・アキラマン様

には、「アキラマンフィルム」再生回数×4円(期間中)の金額をご寄付いただきました。

紙工房 堂地堂様には、「紙のバイキング ふるほん日和スペシャル」での売上げの一部をご寄付いただきました

★協賛店であり、参加者様でもありますconeru様にはご自身のブースで集めていただいた募金をご寄付いただきました

マドモワゼルやぁ子
には、ご自身のブースでの売上げの一部をご寄付いただきました。

他、たくさんの方にご寄付いただきました。
経緯のわかるものだけのご案内で、誠に申し訳ありません。
■■■■■■■■■

追伸、絵本、本達の行き先が決まりました。

また、ご報告します。



ふるほん日和事務局一同


gienkin10290.jpg
ありがとうございます!義援金総額¥120,290の内、2万円は鳩の街通り商店街の義援金として納め、¥100,290を日本赤十字社に振込ました。

39_original-1.jpg
被災地に送る絵本、児童書コーナー

168_original-1.jpg
チャリティーブックストア「ホンノチカラ」内の様子

272_original-1.jpg
うさぎさんも駆けつけてくれました!

151_original-1.jpg
またお会いしましょう。

写真提供:天谷窓大さん 〜感謝です!

posted by 放浪書房とみー at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

「ホンノチカラ」開催延長!&被災地への支援物資便「クマ便」出発します!


チャリティーブックストア
「ホンノチカラ」

皆さんのご協力、ご支持本当にありがとうございました!

鳩の街通り商店街さんのご好意で今週末、4月10日迄延長開催とりました!

現在、チャリティーブックの受付は終了致しましたが、皆さんにご提供頂いた文庫、新書、単行本、児童書、絵本を販売しております。

また、

○「チャリティー絵本の閲覧コーナー」

皆さんの応援メッセージが付いた素敵な絵本達。被災地の子供達の元に届ける前に、お店を訪れた方にも、読んでもらいたい。


○「千葉の被災地写真展」

マスコミにはあまり取り上げられませんが、旭市、舞浜、浦安、幕張、佐原も甚大な震災被害を被った町があります。
震災直後から町を歩き、震災の傷痕を撮り続けた、旅人「たびたろう」の写真を展示しています。「知らない」=「無かった」にしない為に、、、


○「フリペキュレーターのオススメフリペコーナー」

テレビ、ラジオ、新聞で話題の渋谷のフリペ専門店「オンリーフリーペーパー」のキュレーター、天谷窓大の選ぶ特選フリペが一同に!

と、期間限定の小さい本屋さんではありますが、
「被災地に対して、今、自分が出来ること」を改めて考える場所になればと思っています。

是非、遊びに来て下さい!



チャリティーブックス
【ホンノチカラ】

■■■■■■■■■■■■■■■

それは、貴方の本棚で眠っている今は読まなくなった「ほんの一冊の本」から出来ること。


「ホントノコト 」から生まれる

ホンノ、チカラ。

ホントノチカラ。



この国が今まで経験した事のない、大きな災害が東北地方を中心に襲いました。
沢山の人が亡くなり、傷付き、家族も、大切な思い出も、夢も、財産も波がさらって行きました。


被災しなかった僕達の誰もが、
平穏な日常、大切な人が当たり前のように隣りに居てくれる幸せを噛み締めながらも、
心を傷め、何もできない歯痒さに、

「何かしなくては」
「自分には何が出来るんだろう」

貴方だけでなく、そう、日本中の人達が思っています。


この状況下、大人達は、今を生きることに精一杯かもしれないけど、その隣りには、心に深い傷を負った子供達が沢山います。


僕達は、被災地の子供達の為に、今日より明日、明日より未来を見つめて、動き出しませんか?



■■■■■■■■■■■■■■■

【貴方に出来る3つのホントノコト】

1.「家の中にある読み終わった本、読まなくなった本を寄付して下さい。」(*終了しました)

→4月1.2.3日の「第3回ふるほん日和」会場内のチャリティーブックストア「ホンノチカラ」にて販売し、売上は全額、日本赤十字社を通じて、被災地に寄付致します。


2.「家の本棚に眠っている絵本や児童書を寄付して下さい」
(*終了致しました)

→被災地が復興へ向けて動き出した時.皆さんからの応援メッセージと一緒に、被災地域の子供達の元に届けます。


3.「鳩の街のチャリティーブックストア【ホンノチカラ】で本を買って下さい」

→こんな時だからこそ、本を読みませんか?テレビやインターネットにはない魅力、贅沢な時間が待っています。
そして、貴方が本を買うことで被災地に住む人達を応援出来ます。


■■■■■■■■■■■■■■■

【ホンノチカラ】営業案内


○期間…平成23年4月8日(金)〜10日(日)

○時間…午前11時〜午後16時

○場所…東京都墨田区向島 鳩の街通り商店街 鈴木荘1階真ん中
(墨田区向島5-50-3 )

*東武伊勢崎線曳舟駅徒歩8分

■■■■■■■■■■■■■■■

※チャリティーブックストア
【ホンノチカラ】は4月1〜3日、墨田区向島 鳩の街通り商店街内で開催する「井戸端古本マーケット ふるほん日和」の企画の一環として、鳩の街通り商店街振興組合様のご協力の元、同イベント主催団体ブックツリーが運営しております。


■■■■■■■■■■■■■■■

《被災地救援物資配達》

“「クマ便」出発します!”

■■■■■■■■■■■■■■■


4/15〜より、ふるほん日和のボランティアメンバーでもある「クマちゃん」(個人:熊谷優子運転)が仙台にある、

「AJU自立の家」
http://www.aju-cil.com/

の救援物資受け入れ拠点を目指して出発します!
そこから、各被災地場所に再度、物資運び込みをします。

つきましては、下記にて救援物資の受付をいたしますのでご協力をお願いいたします。
    
★AJU自立の家関連の方に限定せずに物資は運びます。

■■■■■■■■■■■■■■■

○日時:4/9〜4/10   11:00〜17:00
○場所:鳩の街通り商店街内鈴木荘一階真ん中
チャリティーブックストア「ホンノチカラ」

○受付物資

☆携帯充電器※使い捨てで無い物 au、 docomo、softBank
 使用済み可 

☆女性用下着・肌着 ※未使用
       
☆女性用生理用品※未開封

☆乳幼児用離乳食※未開封:賞味期限内のもの
       
☆ペット用リード:首輪※未使用の物
       
☆ペットフード:※未開封:ドライフードのみ
       
☆水なしで使えるシャンプー:未使用

以上

*ホンノチカラの本の受付は終了致しました

*宅配便の受付は一切致しておりません。

○受付窓口:熊谷優子  

救援物資ご提供の方は、お手数ですが、

■物資名
■数量
■お名前
■連絡先
■お持ち頂ける日にち(4月9or10日)

をご記入の上、下記アドレスまでメールにてご連絡下さい。
↓↓
yukok6@gmail.com
08041913271

                                                           
posted by 放浪書房とみー at 14:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

遅ればせながら「第三回ふるほん日和」無事終了致しました!

「第三回ふるほん日和」は無事終了致しました。

当日は天候にも恵まれ、
僕達、ふるほん日和事務局が夢見ていた

「本屋の無い鳩の街通り商店街を一日だけでも、沢山の本屋で一杯にしたい!」

第三回目にして実現する事が出来ました。

3月11日の震災をうけ周辺観光イベントが自粛の方向に向かう中で、

「今、自分達に出来ることを前向きに考えて実現していく。その中で、ほんの小さなことでも
、被災地域の人達の為に出来ることしよう」

という僕達の考えに賛同、協力して下さった、鳩の街通り商店街の皆さん、向島界隈の協賛店舗、団体の皆さんや出店者さん、ボランティアスタッフ、そして遊びに来て下さった全ての人達の「ホンノチカラ」のお陰で「第三回ふるほん日和」は開催出来たと思っています。

沢山の「ホンノチカラ」ありがとうございました!


追伸、チャリティーブックストア「ホンノチカラ」は鳩の街通り商店街さんのご好意で4月10日迄チャリティーブックの販売を延長しております!お昼過ぎから夕方迄の短縮開催ではありますが、オープンしておりますので、是非遊びに来て下さい。


平成23年4月6日

墨田区向島 井戸端古本マーケット「ふるほん日和」事務局一同

posted by 放浪書房とみー at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。