2011年05月28日

週末の本/地域イベント

ギリギリになりましたが、今週末のブックイベント&向島界隈地域イベントのお知らせです。

本日5/28午後7時半〜9時半(午後7時開場)
「オカトーーーク! ブックオフ芸人」


☆深川界隈の方はぜひ、ご観覧を!
☆USTREAM生放送も!→ピーマンTV /http://p-man.tv


古本ライターの岡崎武志さん司会による、新しいスタイルのブック・バラエティートークショー。

ふるほん日和代表は「ブックオフ芸人」だった!?

企画は、ふるほん日和に度々店主としてご参加いただいている、東京セドリーヌさんことリコシェさんこと、はねとび舎さん。
女子芸人には、駄々猫舎さんが〜!

以下、深川いっぷくさんブログより転載。 http://ippuku3.exblog.jp/

●USTREAMピーマンTVで、新しいスタイルのブック・バラエティートークショーがスタートします。本好きが集まってワイワイガヤガヤ。思わぬ実用情報も飛び出します。
●出演者
司会=岡崎武志さん・Rengeさん
ふぉっくす舎さん、退屈男さん、しまぶっくさん、駄々猫舎さん、くちびるごうさ
ん、書肆紅屋さん、放浪書房さん
●5月28日(土曜日) 午後7時半〜9時半(午後7時開場)
●USTREAM生放送:ピーマンTV:/http://p-man.tv

●場所:清澄白河「深川資料館通り商店街事務所2階」
大江戸線「清澄白河駅」A3出口から9分。半蔵門線B2出口から5分。「深川江戸資料
館」「しまぶっく」「深川いっぷく」がある深川資料館通り商店街
コンビニ「デイリーヤマザキ」向かい側です。
●当日、32人までご観覧いただけます。木戸銭1000円。
ご予約は、深川いっぷくまで
ホームページのお問い合わせよりお送り下さい→

●内容
ブックオフとは何か/ブックオフあるある/これは自慢、ブックオフで釣り上げた一冊/衝撃の店員エピソード。こんなことされて感動した などなど、盛り沢山!!


そして明日は、墨田聖書教会にて、向島界隈がロケ地の映画上映があります。

5月29日(日)17:30〜(開場17時)
チャリティ上映会『墨田区京島 3丁目』


場所:墨田聖書教会
主催:橘館コミュニティシネマ
入場料:500円
懇親会:300円(手作りケーキと珈琲付き)
※要予約
詳細は
http://tachibanakan.blog13.fc2.com:80/

懇親会には監督、クルー皆さんいらっしゃるそうです。
4月にドイツで上映されたときの様子も伺えるとか。

会場の墨田聖書教会さんは、シフォンケーキのようなかわいい外観の教会。

被災地に絵本、大人用本、自転車を送る支援活動をされていて、
ふるほん日和「ホンノチカラバコ」を通じて、
被災地に本を送っていただいております。
http://furuhonbiyori.seesaa.net/article/199300583.html

☆今回、絵本の寄贈や募金を会場で受けつけておられるそうです。

ぜひ、お運びください。


posted by amanatsu at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

「本を送ろう」茶話会にお越し下さい

本日より、チャリティーブックストア【ホンノチカラ】にて、本ご提供の受付が始まります。
受付期間:3月30日〜4月2日 11時〜17時
鳩の街通り商店街 鈴木荘1階中央(墨田区向島5-50-3 )

temp.jpg


そして4月2日「ふるほん日和」当日14時〜16時には、
【「本を送ろう」茶話会】が開かれることになりました。


東日本大震災で被災した人たちに、本を送りたい。

アイデアを話し合う茶話会にぜひご参加を
 

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)と続く余震に、被災地や避難所の方々は、
寒さの厳しいなか不安と疲労を蓄積させていらっしゃいます。
大人たちの心を映す子どもたちも、きっと大きな不安のなかにいることと思います。

今の段階では、寒さをしのぐこと、ちゃんとした食事をすること、
衛生的な生活をすること。まず優先されるべきはそのことで、
現在の救援物資もそのために集められ、苦心して届けられています。

でも、そのことにある程度のめどがついたら、
日常生活で慣れ親しんでいた本を読みたいという気持ちが生まれるのではないでしょうか?
テレビやインターネットに溢れる深刻な情報からいったん離れて、
読書の世界に没入する時間を過ごしたいという人は、大人にも子どもにも、確実にいると思います。

不自由な生活を強いられている被災地や避難所の方々が必要とする本を、
一方的な押し付けにならずに、手渡す方法はないでしょうか? 
そのために、どんな協力体制を組んでいけばいいでしょうか?

こういうことが可能かどうか、みなさんで集まって相談したいと思います。

・どんな本を
・どんな場所にいる、だれに向けて
・どんな集め方、運び方で、届けることができるか


を一緒に考えてみませんか?

ご興味のある方なら、どなたでも参加できます。
お茶を飲みながら、いろいろ話し合ってみませんか。ぜひご協力をお願いいたします。


日時 4月2日(土)14:00〜16:00
場所 寺島集会所(墨田区東向島一丁目23番10号)和室
参加費 無料 
問い合わせ メールアドレス ikuyo.toyonaga@gmail.com(豊永)
携帯電話(当日のみ) 090-9347-8767(河上)



「本を送ろう」茶話会 呼びかけ人
豊永郁代(編集者)
甘夏書店(「ふるほん日和」実行委員)
南陀楼綾繁(「不忍ブックストリート」代表)


posted by amanatsu at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

チャリティーブックストア【ホンノチカラ】

チャリティーブックストア
【ホンノチカラ】オープンします。

■■■■■■■■■■■■■■■

それは、貴方の本棚で眠っている今は読まなくなった「ほんの一冊の本」から出来ること。


「ホントノコト 」から生まれる

ホンノ、チカラ。

ホントノチカラ。


この国が今まで経験した事のない、大きな災害が東北地方を中心に襲いました。
沢山の人が亡くなり、傷付き、家族も、大切な思い出も、夢も、財産も波がさらって行きました。

被災しなかった僕達の誰もが、
平穏な日常、大切な人が当たり前のように隣りに居てくれる幸せを噛み締めながらも、
心を傷め、何もできない歯痒さに、

「何かしなくては」
「自分には何が出来るんだろう」

貴方だけでなく、そう、日本中の人達が思っています。

この状況下、大人達は、今を生きることに精一杯かもしれないけど、その隣りには、心に深い傷を負った子供達が沢山います。

僕達は、被災地の子供達の為に、今日より明日、明日より未来を見つめて、動き出しませんか?

■■■■■■■■■■■■■■■


temp.jpg


【貴方に出来る3つのホントノコト】

1.「家の中にある読み終わった本、読まなくなった本を寄付して下さい。」

→4月1.2.3日の「第3回ふるほん日和」会場内のチャリティーブックストア「ホンノチカラ」にて販売し、売上は全額、日本赤十字社を通じて、被災地に寄付致します。


2.「家の本棚に眠っている絵本や児童書を寄付して下さい」

→被災地が復興へ向けて動き出した時.皆さんからの応援メッセージと一緒に、被災地域の子供達の元に届けます。


3.「鳩の街のチャリティーブックストア【ホンノチカラ】で本を買って下さい」

→こんな時だからこそ、本を読みませんか?テレビやインターネットにはない魅力、贅沢な時間が待っています。
そして、貴方が本を買うことで被災地に住む人達を応援出来ます。


■■■■■■■■■■■■■■■

【ホンノチカラ】営業案内

○期間…平成23年4月1日(金)〜3日(日)
○時間…11時〜16時
○場所…東京都墨田区向島 鳩の街通り商店街 鈴木荘1階中央(墨田区向島5-50-3 )




☆「チャリティーブックのご提供について」

・ご自宅で読み終わった、文庫、新書、単行本、絵本、児童書を直接【ホンノチカラ】までお持ち下さい。

・「文庫、新書、単行本、」
→【ホンノチカラ】開催期間中、店内にて、販売させて頂き、売上は全額、日本赤十字社を通じて東日本大震災の被災地地域の「今、この時」の復興義援金として寄付させて頂きます。

・「絵本、児童書」
→被災地が復興へ向けて動き出した時、「明日、未来の為」に、皆さんからの応援メッセージと一緒に、被災地域の子供達の元に届けます。

・店舗スペースの関係から、
百科事典、全集、地図、参考書、コミック、辞書、専門学術書、同一書籍の大量持ち込み、状態の著しく悪いものはご遠慮頂いております。

☆被災地への流通経路確保、支援物資輸送優先、交通渋滞緩和の観点から、店舗宛の宅配便等での送付は一切受け付けておりません。
「本」を通して「顔」の見える繋がりを目指しております。ご理解、ご協力をお願い致します。

■■■■■■■■■■■■■■■

※チャリティーブックストア
【ホンノチカラ】は4月1〜3日、墨田区向島 鳩の街通り商店街内で開催する「井戸端古本マーケット ふるほん日和」の企画の一環として、鳩の街通り商店街振興組合様のご協力の元、同イベント主催団体ブックツリーが運営いたします。

お問い合せ:
ふるほん日和事務局 墨田区向島5-50-3 鈴木荘1F
mailto:furuhonbiyori@gmail.com (代表:富永)
tel:03-6317-4714(水〜日 11時〜18時 担当:長縄)

posted by amanatsu at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。